睡眠障害 | 寝れないのも寝過ぎるのも実は同じ睡眠障害です

このサイトでは、主に睡眠障害に関する情報を公開しています。
「夜眠れない」「常に眠たい」そういった悩みを抱えている人は、きっとたくさんいることでしょう。
そういった人は、何らかの睡眠障害のおそれがあります。
しっかりと治療するためには、まずどういった種類の睡眠障害なのか把握することが大切と言えます。

TOPICS

  • 寝たくても寝れない
  • 寝ても寝ても眠い
  • リズムが合わない
  • 呼吸が止まる?

誰にでもあること

女性

「夜、眠れない」といった経験は、きっと誰にでもあることではないでしょうか。 そういった時は、大抵何か考え事をしている時か不安なことがある時だと思います。
もちろん、人によって眠れない理由はさまざまあるでしょうが、そういった経験がある人はきっと多いはずです。 考え事をしている時というのは、脳が働いているということでもあるので、頭が冴えてしまってなかなか眠れません。
目を閉じて寝ようと思っても、頭の中でいろんな考えがグルグルと巡ったり、頭の中に映像が浮かんできたりすることもあります。 つい、その考えや映像に意識が言ってしまって、なかなか寝付くことができないことはありませんか?
人によっては、あれこれと考えている間に、気がつけば寝ていたということもあるかもしれません。 しかし、「寝よう寝よう」と意識してしまうことで、逆になかなか眠れなくなってしまうことも少なくはありません。
その考え事や不安、悩みが、一時的なものであれば、そのうち普通に眠れるようになるでしょう。 ですが、それらが解消されず、ストレスなどを貯め続けていると、日常的に眠れない夜が続くようになる場合があります。
こうなってくると、ただの寝不足では終わらず、「睡眠障害」という疑いが出てきます。 睡眠障害と言っても、さまざまな種類がありますが、上記のように眠れない症状のことを「不眠症」と呼びます。
おそらく、ほとんどの人は、この不眠症という名称を耳にしたことがあるのではないでしょうか。 中には、睡眠障害=不眠症と捉えている人も少なくありません。

しかし、睡眠障害は、不眠症のほかに過眠症や概日リズム睡眠障害など、さまざまな種類が存在します。 みなさんが、ただの寝不足と思っていたことが、実は不眠症だったり、その他の睡眠障害だったりすることもありえます。
もし、毎日のように、睡眠に何らかの問題が生じている場合は、「そのうち治るだろう」と楽観視せずに、すぐ医師に相談しましょう。 そして、適切な治療を受けて、完治を目指していかなくてはなりません。
適切な治療を受けるためには、まず自分の症状が、どの睡眠障害の症状に当てはまるのかを把握する必要があります。 人によって、眠れない理由は、さまざまです。
悩みやストレス、生活習慣、食生活などが原因の場合もありますし、その人自身の性格にも何か改善すべき点があるのかもしれません。 睡眠薬だけを飲むだけで良い場合もあれば、カウンセリングなどを受けたほうが良い場合もあります。
その人その人にマッチした治療を受けることで、きちんと回復に向かって行くことができるでしょう。

ただ、人によっては、睡眠薬を服用することに抵抗を持っている人もいるのではないでしょうか。 睡眠薬と言えば、サスペンスドラマなどで自殺をする際に良く用いられる薬です。
そういったことから、怖いイメージを持った人が多いようです。 しかし、メディアに踊らされるのではなく、しっかりと医師の説明を聞いた上で服用すれば、何ら問題はありません。
もちろん、このサイトでも、睡眠薬に関する情報を紹介していきますので、今後の参考にすると良いでしょう。

まずは、睡眠障害のいろんな種類について紹介していきます。 睡眠時の問題で悩んでいる人は、まず自分に該当する種類を見つけることから始めてみましょう。