睡眠障害 | 寝れないのも寝過ぎるのも実は同じ睡眠障害です

朝焼け

呼吸が止まる?

最近、メディアなどを通じて、よく「睡眠時無呼吸症候群」という言葉を耳にしませんか?
これは、睡眠呼吸障害の一種ですが、これもまた睡眠障害の中の1カテゴリと言えます。

睡眠呼吸障害というのは、睡眠時の呼吸に何らかの異常を来す状態のことを言います。
大体、日本国民の1%がこの睡眠呼吸障害で悩んでいます。
年齢的には、大体30~60歳の中高年に多く見られるようです。
男女比率としては、男性が約4%、女性が約2%だそうです。
この睡眠呼吸障害の中でも、特にポピュラーなのが「睡眠時無呼吸症候群」です。
男性に起こりやすい症状と思いがちですが、女性にも発症する可能性があるので驚きです。
この睡眠時無呼吸症候群は、一言で言えば睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう症状のことを言います。

睡眠時無呼吸症候群と診断される基準としては、一時間のうちに大体5回以上無呼吸になるか低呼吸になるといったことが挙げられます。
低呼吸というのは、呼吸量が本来の呼吸の2分の1以下になってしまっている状態のことです。

睡眠時無呼吸症候群と診断された人の中で、およそ95%の人は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群と言われています。
これは、脳梗塞や高血圧、虚血性心疾患といった症状を引き起こす原因になるとも言われているため油断できません。