睡眠障害 | 寝れないのも寝過ぎるのも実は同じ睡眠障害です

朝焼け

足がむずむずする

うつむく女性

みなさんの中には、こういった経験をしたことがあるのではないでしょうか。
「夜寝る時に、布団に入ると足がむずむずして、すっきりせず眠れない」
多くの人は、長時間の立ち仕事、もしくはオフィスワークで、足がむくんだり、疲れが溜まったりして、こういった感覚を味わったことがある人もいるでしょう。
人によって、この「むずむず」するといった感覚がひどく、言い表し難い不快感を覚え、なかなか寝付けないといったこともあるようです。
また、中には、虫が足を這っているように感じるといったケースもあります。
多くの場合、じっとしているのが辛くなってしまい、寝付くことができないようです。
こういった症状のことを、むずむず脚症候群と呼びます。
これも、睡眠障害の一種として数えられています。

ただ、基本的には、運動をすることによって症状を改善することができるようです。
それでも、しばらくじっとしていると、再び症状が現れることもあります。
適度に運動していても、なかなか症状が改善されないという場合は、医師に相談すると良いでしょう。

ちなみに、このほかにも、「周期性四肢運動障害」と呼ばれる症状も存在します。
これは、睡眠時に手足が「ビクッ」と動いてしまうことで、目が覚めてしまう症状のことです。
自分の意思とは相反して、何度も繰り返すので、その都度目が覚め、深く眠ることが難しくなってしまいます。